シン・ニホンシ

日本の歴史を新しい視点でとらえ、検証し、新しい未来を考える

325.縄文早期の群馬県吾妻郡の居家以岩陰遺跡(いやいいわかげいせき)

以前、群馬の古代、3万5千年前からの歴史を取り上げた。今回は縄文早期の居家以岩陰遺跡を取り上げる。次の流れにて紹介していく。

・居家以岩陰遺跡(いやいいわかげいせき)
・居家以岩陰遺跡の立地
・発掘された個体数など
・性別、死亡年齢など
ミトコンドリアゲノム解析
・その他の参考サイト

■居家以岩陰遺跡(いやいいわかげいせき)
所在は群馬県吾妻郡長野原町
縄文時代の遺跡。

岩陰にある小さな遺跡だが、縄文早期(今から約8300年前)の居家以人骨がみつかっており、注目を集めている。

出土状況から埋葬されたものであることがわかっている。

この居家以岩陰遺跡での活動が活発だったのは最も盛んに利用されたのは、約10000~8000年前とされる。

この頃は狩猟採集生活が安定し縄文文化が確立されていった頃とされている。
↓はgooglemap、居家以岩陰遺跡

maps.app.goo.gl

■居家以岩陰遺跡の立地
群馬、長野、新潟の三県にまたがる上信越山地の南縁部にあたる。
岩陰部分の標高は649mとされる。
↓居家以プロジェクトHP、遺跡の立地のほか遺跡の状況が画像で示されている

iyai-project.jp

■発掘された個体数など
2023年までに発掘された個体数は40個体以上におよぶとされる。

うち放射性炭素年代測定を実施した11個体、15例が測定されている。

土人骨の時期は
縄文時代早期後葉(約7300~7700年前)で8個体
縄文時代前期前半(約5900年前、5700年前)で3個体
のようだ。

iyai-project.jp

■性別、死亡年齢など
6体の個体で性別、死亡年齢推定、歯の咬耗、虫歯、健康指標などがまとめられている。性別までわかっている4個体はいずれも若年成人のようだ。
出典:居家以プロジェクト、形質人類学

iyai-project.jp

■行動範囲
早期縄文人集団の行動領域を検討、黒曜石資料の産地推定が行われた。
その結果によれば、
・小深沢産和田峠系)
・星ヶ塔産(諏訪系)
が多数を占めることがわかったとされる。
行動範囲が60 km 以上離れた黒曜石産地周辺にまで及んでいたことが示された。
出典:居家以プロジェクト、早期縄文人の生活復元

iyai-project.jp

ミトコンドリアゲノム解析
出土した人骨のDNA分析の研究成果の一端が公開されている。

母系遺伝に着目したミトコンドリアDNAの解析では、
居家以岩陰遺跡出土古人骨(計7個体)のハプログループは
・N9b系統が6個体(1号、4号、8号、10号、12号、15号)
・M7a系統が1個体(3号)
とされる。

なお解析では核DNAの分析もなされている。
出典:居家以プロジェクト、DNA分析

iyai-project.jp

■その他の参考サイト
2021年3月に國學院大學博物館にて企画展が開催。
それにあわせて「縄文早期の居家以人骨と岩陰遺跡」の特別解説がなされた。
YOUTUBEにて公開がなされている。

第1章は居家以岩陰遺跡
第2章は居家以人骨の研究
第3章は居家以人の生活復元
の内容。

國學院大學博物館Online Museum、企画展「縄文早期の居家以人骨と岩陰遺跡」を特別解説!

www.youtube.com

↓過去記事にて、3万5千年前からわかっている群馬の歴史を取り上げた

shinnihon.hatenablog.com

<参考>
・企画展「縄文早期の居家以人骨と岩陰遺跡-居家以プロジェクトの研究成果-パンフレット
http://museum.kokugakuin.ac.jp/files/user/2021_jomon.pdf